Night Owl EP

by Velocity

supported by
/
  • Includes unlimited streaming via the free Bandcamp app, plus high-quality download in MP3, FLAC and more.

     £4 GBP  or more

     

1.
05:20
2.
3.
05:20
4.
5.

about

Velocity is a DJ and producer from Tokyo, who has hooked up with the legendary Makoto’s Human Elements label for the release of his new Night Owl EP.

The new EP begins with the smooth and seductive Night Owl. This one slides and shimmers into life, guiding you through the underground evening. Touches of jazzy bass and horns lead into a tight but relaxed beat and shifting samples. Let this one take you into Velocity’s world. The Moonstone Theme meanwhile, uses rushy breaks to underpin its expansive, liquid feelings, before layers of piano, guitar and strings add to the picture. This one’s sunny and summery despite its name.
The third track, Fossa Magna, explores some deeper depths, beginning with an insistent key line which leads up to a stinging breakbeat and eerier dropping effects. Headnodding and involving, Fossa...sees Velocity open his inventory of different moods and emotions, whilst still keeping with the vibe of the EP. That vibe is continued on Lost Technology, a rangy, emotive effort which continues the voyage into the unknown, dancing down rabbit holes and even injecting some neurofunk into the mix. Percussion runs, creepy synths and booming basslines guide the way to ensure you don’t get completely Lost inside the Technology.
Closer Black Drop Effect brings things out into the light again, as the producer drops a smooth beat which builds throughout. Sprightly keys bounce off the top of the track, lodging things firmly in your brain and moving your feet all night.

Make sure you catch the many flavours of the new Night Owl EP from Velocity, forthcoming on Human Elements.

日本が誇る世界のプロデューサーMakotoが主宰するレーベル "Human Elements” が約3年ぶりに復活。3年ぶりのリリースとなるのは日本 東京をベースに活動するプロデューサーVelocityによるNight Owl EP。すでにDJ Markyを始め、世界中のTop DJによりプレイされている。Night Owlを中心に、彼による様々なスタイルの最新トラックが絶妙なバランスで収録されている。

リード曲となるNight Owlはソリッドかつリラックスした雰囲気のビートにジャジーなベースとホーンが絡み、EPの幕開けにふさわしいトラックとなっており、すでにDJ MarkyのDJ SetやPlayaz Radioを始め、既に多くのアーティストにプレイされている。
The Moonstone ThemeはスムースなAmen Breakにピアノ、ギターストリングスが加わったリキッドファンクチューンになっており、2016年の夏を象徴するような曲になっている。
3曲目のFossa Magnaは普段のVelocityのサウンドとは一線を画し、突き刺すようなブレイクビーツと印象的なキーラインでスタート。アンダーグラウンドでディープな雰囲気を持たせつつもダンスフロアを意識したようなトラックになっており、BBC Radio1でFrictionにプレイされるなど、様々なアーティストにサポートを受けている。
4曲目のLost TechnologyもVelocityの新たな一面を垣間みる事の出来る1曲。良い意味で不気味なシンセコードにパンチ感のあるビートとうねるようなベースラインが絡むディープサウンド。中盤で絡んでくるパーカッションが良いアクセントとなっている。
最後のBlack Drop EffectもLost Technologyからの流れに乗り、ディープなサウンドを引き継ぐ。美しいピアノに加え、シンプルではあるが特徴あるベースラインに加え、ボーカルサンプルが印象的な曲。
Night OwlからBlack Drop Effectまで、様々なタイプの曲が収録されているが一貫して夜の雰囲気を醸し出している。今までのVelocityサウンドを継承しつつも新しいレベルに突入したEPとなっており、Human Elements再始動にふさわしい作品となっている。

credits

released March 4, 2016

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

Human Elements 東京都, Japan

contact / help

Contact Human Elements

Streaming and
Download help